「株」はじめました

株と聞くとなにやら難しいものを想像してしまう人が多いと思います。しかし、株は誰でも購入することができてそんなに難しいものではありません。ここではそんな株の買い方や、株のことについて簡単に説明したいと思います。

株をはじめるための準備

まず、株を始めるためには、証券口座を作る必要があります。証券会社の口座は普通の銀行のように、身分証明書があればどこでも作れます。証券会社によっては、審査があるところもありますが、信用情報に特に問題がなければ、ほとんどの人が難なく作ることができます。
しかし、沢山の証券会社が存在しているので、どこの証券会社で口座を作ればよいか迷うでしょう。
そんなときは何を比べればいいかというと、まず、売買手数料、そして取り扱っている銘柄の種類です。
証券会社によっては、外国の株も買えるところがありますので、その証券会社で口座開設すると海外株も購入することが可能になります。
口座にも何種類かあって、株による儲けが出た時の税金を自動的に引いてくれる口座もあります。これは特定口座と呼ばれる口座です。自動的に引いてくれるところもありますし、計算だけしてくれる口座もあります。
また、ここ数年ですっかり有名になったNISA口座もあります。これは、個人投資家が年間120万円までの投資であれば、税金がかからないといったメリットのある口座です。ひとり一口座しか持てませんので、どの証券会社でこの口座を作るか慎重に選ぶ必要があります。NISA口座は120万円までというくくりがあるので、できれば中長期的な投資に使いたいからです。
デイトレードなど、頻繁に出し入れする口座は特定口座で十分です。
それからできれば、その証券口座に連結しているネットバンクの契約もしておいたら、お金の出し入れが便利でしょう。
最近ではコンビニのATMで入出金ができるネットバンクがたくさんあるので、投資も非常にしやすい環境になっています。
ネットで検索すると事細かに書いてあるので、そんなに難しい作業ではありません。

株を購入するまでの一通りの流れ

株式投資を始めるためには、証券会社に取引口座を開設することから始めます。現在ではほとんどの証券会社においてインターネットを通じて取引口座を開設することが可能になっており、自宅に居ながらにして全ての手続きを終えられるようになっています。
まず、数ある証券会社の中から口座を開設したい証券会社を選びます。取引手数料やツールの使いやすさ、株式投資レポートの充実さなどによって好みに合う会社を決めるのです。取引ツールは体験試用することができるので、インストールして使ってみましょう。
証券会社が決まったら、口座開設ページにアクセスして必要事項を入力します。氏名や住所、電話番号のほか職業や資産の有無、投資目的などを記入する箇所があるため正確に答えましょう。不適切な回答をすると口座開設を拒否される可能性もありますが、一般常識を持っていればほぼ確実に審査を通過します。
また、口座開設には本人確認書類とマイナンバーが必要になります。郵送でコピーを送ることもできますが、手元にある免許証などの書類とマイナンバーが記載してある書類をスマートフォンで撮影し、アップロードすることでも手続きができます。翌日以降に郵送で口座番号やIDなどが記載された口座開設通知が届くので、取引ツールを起動してみましょう。
口座開設を終えてからまず行うことは、投資資金の入金です。銀行のネット口座を持っていれば取引ツールから入金することができ、即座に反映されます。これで株を購入するまでの準備は完了です。
あとは、投資したい銘柄を選んで投資資金の範囲内で単元数を決め、発注ボタンを押すだけで株式が購入できます。株式投資を始めようと思い立ってから数日で株を購入できるのです。

ネットでの株の取引きの方法

本業で満足した収入を得られない場合は株式取引をするといいでしょう。インターネットが発達したことで個人でも取引がしやすくなりました。株式取引をするためには証券会社に口座をもっていなければいけません。証券会社は複数あるので、画面の見やすさやツールの使いやすさや手数料を比較しながら、利用者にとって一番魅力のある会社で口座を作るといいでしょう。
証券会社で口座を作るのは難しくありません。インターネットで口座開設の新規申し込みを行います。勤め先や年収や住所といった個人情報を入力します。必要書類を提出して、審査に通過すると口座を開設することができます。証券会社に口座を開設したあとは、振り込みで入金を行います。入金をおこなったあとは、運用資金におうじて株の取引をすることができます。
チャートの形やローソク足の並びなどをみながら購入する銘柄を決めることができます。日足や週足や月足を参考にしながら、株価が上昇しそうな銘柄を絞りこむといいでしょう。また、業績やほかの指標によっても今後の株価を予想することができます。いろいろなツールと情報を駆使しながら株価の予想を立てていくといいでしょう。
株式取引の基本は安く買って、高く売ることです。そのため、成長しそうな企業に投資をしていくと利益をあげることができます。携帯電話でも取引をすることができるので、移動中やお昼休みでも投資活動をすることができます。入金も携帯電話からでもできるので、運用資金を調整しながら取引をするといいでしょう。勝つためには、ローソク足の読み方や指標の使い方をしっかりと勉強する必要があります。勝つための情報もたくさん出回っているので、参考にしながら株式取引をするといいです。